読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

「箱根駅伝」を批判的に見てみると・・・。

身の周りの出来事

1月になると、様々な「駅伝」のテレビ中継が流れてくる。その筆頭は、「箱根駅伝」かな。

 

女子の京都での「駅伝」は、雪で真っ白になって大変そうだった。男子の「駅伝」は、広島だったが、それでも時折、雪や雨が降っていた。

 

これら「駅伝」のテレビ中継を見ていて、ふと思ったのが「途中棄権」ということだった。特に「箱根駅伝」は、距離も長く気候の変化も大きい。そして何よりも伝統と仲間の絆を求めるプレッシャーは、相当なものがあるようだ。

 

箱根駅伝」の「途中棄権」の詳細については、「東京箱根間往復大学駅伝競走 - Wikipedia」「途中棄権」の項目が詳しい。

 

先日の箱根駅伝でも、青山学院の選手の一人がフラフラになりながらも走りきって襷をつないだ。それはそれで「頑張った!」と評価されるのだろうなあ。でも、ちょっと疑問が湧いてきた。かなりひどい状況でないと途中棄権は、しずらいのではないか?周りの様々な圧力があって、そう簡単には辞められないのだろうなあ。何か日本社会の現実を見せられたような気がした。

 

この「箱根駅伝」について、今まで考えたこともなかったが、この途中棄権をきっかけに、批判的な意見を捜してみたら、いくつかありました。

 

 

makelele.jp

 

1、箱根駅伝を重視するあまり、マラソンと中距離で世界的に活躍する選手が育たない。

2、箱根駅伝が大学の宣伝に見えてしまう。

3、視聴率を上げるための「お涙ちょうだい演出」が好きじゃない。

 ですか。

 

fantasy-dig.net

 

為末大(@daijapan)のツイートより。

日本の長距離と世界の差が開けば開くほど、駅伝に海外の選手を入れると

興ざめするぐらい差がついてしまい、競争を盛り上げるために鎖国せざる

を得なくなる。それでも駅伝の人気が続くことに賭けるというのならわか

るけれど、あまり成功すると思えない。

2015年3月2日 23:26

 

ナルホドですねえ🎵

 

今までの「箱根駅伝」の見方が変わってしまう。