ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『輪廻転生』

図書館で『輪廻転生〜〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語』(竹倉史人  講談社現代新書2015年)という本を借りてきた。これは、今読んでいる『仏教思想のゼロポイント』(魚川裕司 新潮社 2015年)の中で「輪廻」について書かれていたので、それをネットで調べる中で「輪廻転生」という言葉が出てきた。そのとき、たまたま図書館でこのタイトルが目に入り借りてきたのだ。

 

著者の「竹倉史人」さんは、1976年生まれだから、今年41歳。「魚川裕司」さんは、1979年生まれだから、今年38歳。これからの活躍が楽しみだ。

 

さて、『輪廻転生』に戻ります。

輪廻転生―――死んでもまた新たな肉体に生まれ変わる―――という観念の起源は古く、少なく見積もっても2500年はさかのぼることができます。(p3)

 

輪廻転生は、非常に広汎な地域で受容されている。

 

生まれ変わりという考え方が必ずしも「宗教信仰」に依拠しているのではなく、それとはまた異なる水準で、人びとのあいだに広がっている。(p13〜17)

 

 「輪廻転生」という観念が、これほど古くから、しかも広い地域で土着的に受け入れられていることにビックリしている。ある調査(輪廻転生を信じますか?)によれば、「あると思う」と答えたのは、日本は、42.1%だそうです。ちなみに1位はスリランカで68.2%、2位は台湾59.4%、3位はイスラエル(ユダヤ人)53.8%。(p14図参照)

 

個人的には、今まで「輪廻転生」には否定的だったが、前世を記憶している子どもたちがいることを知り、まれに「輪廻転生」あるかも?と思い始めている。

 

 

本書の主題から外れるが、「進歩史観と退歩史観」についての記述は驚きだった。

現代の高度資本主義社会を生きる多くの人にとって、<進歩>の観念はじつに馴染み深いものとなっています。しかし、このような考え方が広がり始めたのは、せいぜい200年前のことにすぎません。それ以前は---現代人にはなかなか想像しがたいですが―――むしろ人類は退歩していると考えるほうがはるかに自然なことだったのです。

<進歩>の観念は人類史に忽然と登場したわけではありません。それが現在のようなリアリティを獲得するためには、長いプロセスをへて、旧世界を支配していた強固なパラダイム(=退歩史観)を打ち破る必要がありました。進歩の観念が強固なものとなったのは近代以降の工業化社会においてですが、ここに到達するまでには、17世紀以降の科学革命と啓蒙主義の普及、そして19世紀の産業革命と、いくつかの歴史的転換点を通過する必要があったのです。(p123〜124)

 

また 、1857年に出版された『霊の書』(アラン・カルデック著、霊との質疑応答集)に関連して、興味深い記述がある。

個人主義に基調をおくリインカネーションの思想は、きわめて独特な「災因論」を説きます。災因論とは、人生における災厄がなぜ他ならぬこの私の身にふりかかるのか、それを説明するロジックのことです。苦難を偶然とは見なさず、そこに何らかの原因や意味を見出そうとするのです。

 

(✳『霊の書』からの引用部分)

       カルデック:遍歴の状態にあり、これから新しい肉体に宿ろうとしている霊が、自分の次の人生で起こることを予見することはありますか?

     〈霊〉:霊は自分が受ける試練を自分で選ぶのだ。そして、この選択の自由のなかにこそ、霊の自由意思というものが存在している。

 

 

このあとの問答でも「人生の苦難はみずからに課す試練として自分自身で決定する」と〈霊〉は明言しますが、この発想は斬新です。従来の災因論であれば、人生における災難とは、神霊の怒りを買った結果であったり、妖術師からかけられた呪詛の結果であったり、はたまた前世で犯した自分の悪業の結果であったりと、いずれにせよ極力さけるべきものだったからです。(p114〜115)

 この部分がなぜ興味深いかというと、思想的な背景は異なるが、日本の仏教にも似たような考え方があるからだ。たぶん竹倉さんもご存じなんだろうと思うけど、「願生(がんしょう)」「 願兼於業(がんけんおごう)」という言葉で表されている。個人的には、これらの考え方には否定的なのだが、ある一定の人びとにとっては救いとなっているようだ。

 

『輪廻転生』と『仏教思想のゼロポイント』を交互に読むと、不思議な調べが流れる。

 

 
f:id:gsg48566:20170307100307j:image

 

 

 

輪廻転生 〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語 (講談社現代新書)
 

 

 

仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か