ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

レジは座ってもいいのでは? (その他雑感)

今日は早く起きたので久しぶりにCDを聞いている。昔買った高橋真梨子さんの「〜スペシャル・ベスト〜コレクション」というCDだ。1993年の発売だから24年も前のものになる。私が学生の頃、友人が勧めてくれたのがきっかけで高橋真梨子さんを知った。当時は、ペトロ&カプリシャスのボーカルだった。一時は体調を崩された時もあったようだが、今は元気で歌手活動を続けておられるようだ。嬉しい。

 

 

昨日、テレビのニュースで、大型ショッピング店の閉店時間が変更になった、と伝えていた。夜10時までの営業時間が夜9時半になったところもあれば、夜9時から夜8時に変更になったところもあるようだ。理由は、人手不足らしい。例によって街角インタビューが流れていたが、相変わらず賛否両論であった。(このワンパターンの構成は何とかならないのだろうか?)    店員へのインタビューは、本音が聞けてよかった。

先日は、宅配便の料金値上げ、配達方法の見直しなどのニュースも流れていたが、これも人手不足が原因らしい。

「働き方改革」とか言われているようだが、人手不足という基礎的な問題で、状況は徐々に変化しつつあるようだ。

 

これらは単に人手不足というより、人びとの生き方が変わりつつあるというか、本来のものに戻りつつあるのではないかと思っている。

 

小さなことだが、スーパーに行くとレジの人がずーっと立っているのにいつも不思議な感じを受けている。暇なときは腰掛けててもいいのになあ、と思う。ヨーロッパのある国では、レジの人はずーっと座っているシステムだった。物が流れ、買った人が動くという流れだった。飲食店の会計の人もしっかり座っていた。アジアの数ヵ国は、立っている場合が多かったような気がする。この違いは何だろう?

レジや販売、座っていてもいいと思いませんか? : キャリア・職場 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

こういう意見が徐々に増えてきてもいいのではないだろうか?

 
f:id:gsg48566:20170309060938j:image