ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『仏教思想のゼロポイント』

仏教思想のゼロポイント』(魚川祐司 新潮社 2015年)再読。

う〜む。むずかしい。少しずつ分かりやすいところからメモしていこうと思う。

 

まず「輪廻」ということについて。

「輪廻」というと私たちは一般的に、ある「人」が死んで、それが別の存在として生まれ変わるという「転生」の問題ばかりを考えてしまいがちだが、実のところ輪廻というのは、そうした転生の瞬間だけに起きるものではなくて、いま・この瞬間のあなたにも(仏教の立場からすれば)、現象の継起のプロセスとして、生起し続けているものである。転生というのは、そのことのわかりやすい現れに過ぎない。(p97)

 

輪廻というのは、いつかどこかで「自分」が死ぬときに起こる神秘現象ではなくて、いま・この瞬間に生じ続けている「現実」だ。だから、それを乗り越えるためには、私たちは何よりもいま・ここに起こっている現象を、目を背けずに「如実知見」しなければならない。

ゴータマ・ブッダ仏教の本筋は、このように物事を「ありのままに知る」ことによって、苦なる現象の継起(=輪廻)から離脱するということにあるのであって、そのことと、単なる転生ではない、現象の継起としての輪廻の理解とは、もちろん密接に関わっている。このことは仏教を理解する上でたいへん重要なポイントなので、しっかりと確認しておかねばならない。(p98〜99)

 

生物の本を読むと、人間はおよそ60兆の細胞で成り立っているらしい。(最近は、37兆とも言われているようだ。)その細胞は、様々な周期で生死を繰り返しているという。従って、身体的に言えば、昨日の私と今日の私とは、全く同一とは言えないのだ。そういう面から考えると日々輪廻、瞬間瞬間が輪廻ともいえる。身体が輪廻するのに「私」は同じなのか?という問題が生じるがそれはまた別に多くの課題を含んでいる。

 

 著者の魚川祐司さんは、ツイッター上では「ニー仏」さんとして知られている。そのツイートのひとつがこれなのだが、ウ・ジョーティカ師の言葉はいろいろ考えさせられる。

Untitled

 

 

仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か