ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『日本人はどこまで減るか』

『日本人はどこまで減るかー人口減少社会のパラダイム・シフト』(古田隆彦 幻冬舎新書 2008年)読了。図書館で何気なく手にとって読んでみたが、タイトルから予想したものより「深いい」本だった。

 

①  少子・高齢化で人口が減る

②  子どもが減り、老人が増える

③  出生率が上がればベビーの数は増加する

④  年金保険料の負担者が減って年金制度が崩壊する

⑤  労働力が減ってGDP(国内総生産)が低下する

⑥  消費人口が減って消費市場が縮小する

⑦  GDPが伸びないから個人所得も伸びない

⑧  少子化の原因は結婚・出産形態の変化である

⑨  少子化対策で人口は回復できる

⑩  日本人は900年後に絶滅する

(p8) 

 この10項目を読んで、⭕「正しい」、❌「誤っている」で答えるとしたらどのようになるだろうか?

私は、①〜⑨は、⭕にして、最後の⑩だけ、❌にした。

 

しかし、本書を読んで驚いた。①〜⑩の全てが、❌だというのである。理由を読んで、それはちょっとという部分もあったが、概ね同意してしまった。

 

人口減少の原因はどこにあるのでしょうか。高名な人口学者は「少子化のためだ」と主張し、新聞やテレビも「少子・高齢化のためだ」ときめつけています。が、いずれも現実を見誤った見解にすぎません。

人口の増減は、海外からの転出入がない限り、出生数と死亡数で決まります。出生数が死亡数より多ければ増え、少なければ減ります。「はじめに」で述べたように、少子化でいくら出生数が減ってもベビーはゼロにはなりません。なにがしかが生まれる以上、人口は前年より増えます。他方、高齢化で寿命が延びれば、死亡者は確実に減っていきますから、前年より減少分は減るはずです。

少子化でも出生数が存続し、高齢化で死亡数が減っていくとすれば、出生数と死亡数の差はプラスになる可能性があります。つまり、少子・高齢化だけで人口が減るとは限りません。増えることさえあります。「詭弁」といわれそうですが、物事を正確に表現すれば、「少子・高齢化で人口が減る」とはいえないのです。(p22〜23)

(中略)

このように少産化の背景には、年齢構成の変化や国民一人ひとりの生活意識の変化といった事情があり、また多死化の背景には、近代的な生活様式や現代医学の限界があります。要するに人口が減るのは、出生数が減って死亡数が増加する「少産・多死化」のためであり、「少子・高齢化」のためではありません。これが人口の減る直接的な理由です。(p25)

 

 

 

動物の個体数抑制行動はどうなのか?

ライオンは、

タンザニアセレンゲティ草原に生息するライオンは、成体のオス一匹と複数のメスで一つの群れを作り、なわばりを作って獲物を捕らえている。この群れのオスが他のオスによって追い出されて入れ替わると、新しいオスは前のオスの子をすべて殺す。(p50)

下記のブログ記事によると「子」は、「1歳未満」に限られているようだが、それにしても驚いた。

africanwildlife.blog.fc2.com

 

 

本書では、過去の人口増加の歴史から、新たな次期文明の出現を期待した一章で終了する。この指摘は、本当に予想外だった。何かワクワクしてくる。福島原発問題や南海トラフ地震を考えると暗くなってしまうが、こういう視点もありかな、と思ってしまう。

 

 

17460035

 

日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書)

日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書)