読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

「それがそうなのではなく、あなたがそう見てる」

身の周りの出来事 仏法・創価学会

 為末大さんの無料メルマガが、たいへん参考になるなあ🎵と思ったので、早速引用させていただく。

 

 

為末さんは、メルマガの最初で、メジャーリーグに行った野茂英雄さんの例をあげておられた。野茂さんの成功をきっかけとして、続々と日本人選手がメジャーリーグへ挑戦していった。

 

  そういえば、体操競技でもむかしは難易度「C」が最高だった時代がある。「C」の中でも難しいのは「ウルトラC」と言われていた。最近では、難易度「F」・「G」まであるらしい。

   陸上の100mでは、かつて誰かが9秒台の世界記録を出し、次々と9秒台の記録が出ると、今では10秒台が普通の記録のように言われている。

 

マインドセットを日本語で訳しているものを見ると、思い込み、先入観、刷り込み、などがあります。要は自分が判断をしたり行動をすることの前提になっている(おそらくは無意識の領域で)考え方や見方の癖と言えるのではないかと思います。  

 

なんとも不思議だ。ある種のイメージなのだろうか?  人の行動や思考に対する影響は大きいものがあるようだ。 

 

記事では、

じゃあ、そのマインドセットを変えればいいじゃないかと思うのですが、マインドセットが変わるということはまさに自分にとっては世界が変わるということですから、なかなか簡単ではありません。難しいのは承知の上で、マインドセットはどんなプロセスを経て変わっていくのか、現役時代の経験から、どういうプロセスだったかをまとめてみました。  

として、6つのポイントをあげられている。

 

先日の『仏教思想のゼロポイント』に書いてあった「物語の世界」に気づくかどうかと、マインドセットに気づくかどうかとは、何か共通しているような気がする。まずは「気づく」ことが第一歩だなあ。「それがそうなのではなく、あなたがそう見てる」と気づくことができるかどうか。

 

 

その他のツイートも参考に。

 

 

Time out from the sun at Grand Haven Beach.  - vertorama