読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『哲学な日々』

野矢茂樹さんが書いた『哲学な日々』(講談社 2015年)という本を読了。

 

野矢茂樹さんという名前、どこかで見たなあ、と思っていたら、本書に書いてあった。『論理トレーニング』の著者だった。なるほどですねえ。

 

そこでまず「§32  論理的ということ」という文章から引用。

「論理的でない」と自認する人は少なくない。あれ、あなたも? (p76)

 ドキッ! 私のことか?私はずーっと自分のことを「論理的でない」と自認していた。

 

論理的とは、狭い意味では推論が正確にできることだ。しかし、私としては、より広い意味で論理的ということを考えたい。言葉を断片的にではなく、関係づけて捉えること。この言葉とこの言葉はどういう関係にあるのか。それが的確に理解でき、きちんと関係づけられた言葉を使えること。(p76)

なるほどですねえ🎵

 

だから、逆に非論理的というのは、答えになってない答えを返したり、すれ違いに気づかないで相手に反対したり、ぜんぜん説明になっていない説明を与えたりすることだ。

さらに言えば、問いを無視する、賛成も反対もしないでたんにスルーする、説明不足なんか気にしない、そこまでいくと、これは非―論理的というより無―論理的である。つなげ方をまちがえているのではなくて、そもそもつなげようとしない。ただ断片的に言葉が並べられるだけ。(p77)

「答えになっていない答えを返す」「すれ違いに気づかない」・・・これは時々あるんですよね。残念ながら。やはり私は、「論理的でない」にやや近いのかもしれない。

 

 

次に「§41   ほめるのではなく」から。

「ほめて育てる」と、よく言われる。確かに、ほめられるとやる気が出る。だから、子どもを伸ばそうと思ったなら、ほめることはとても効果的である。しかし、「ほめて育てる」という方針は根本的にまちがっている。(p94)

え〜っ!まちがっている?  なぜ?

 

ほめられて育った子が、ほめられるためにがんばるようになる。そしてそこから抜け出せない。これが最悪のシナリオである。(中略)  何かを為すときには、そのこと自体がもたらす達成感こそが、その行動の原動力になるのである。この、自分自身の内側から産み出される駆動力を、「ほめられるためにがんばる」という行動原理は奪ってしまう。

ほめる者はほめられる者よりも優位に立つ。だから、ほめられたいと思う気持ちは、自分よりも優位の者を求めることにつながる。子どもは大人たちを出し抜き、追い越していかなければいけないのに、ほめられようとして上目づかいになり、ほめてくれる人に自ら進んで隷属しようとする。ほめて育てようとする人たちは、おそらくは無自覚のうちに、そうして子どもを支配しようとしている。(p94〜95)

 

たしかにそういう可能性は考えられる。視点を変えるとこういう見方もできるのか。「最悪のシナリオ」ということで、そこまでいかない場合も当然あるだろうが・・・。では、どうすれば良いのか?

 

ほめるのではなく、共に喜ぶこと。何かがうまくできたなら、一緒に喜んで、子どもが感じている喜びを増幅する。そうして、その子が自分の内側から感じる喜びを引き出してあげるのだ。

何かを為したことがもたらす喜びが、ほめることによって、ほめられた喜びにすり替えられてしまう。もっと子どもの内側から湧いてくるものをだいじにしなくてはいけない。(p95) 

子どもの視線で共に喜ぶことということかなあ。ほめることと似てるけど違うのだなあ。ちょっと難しい。でも大事なことだ。

 




f:id:gsg48566:20170419125403j:image


 

哲学な日々 考えさせない時代に抗して

哲学な日々 考えさせない時代に抗して