ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『日本人のための経済原論』

図書館本『日本人のための経済原論』(小室直樹 東洋経済新聞社 2015年)を読了。

・・・難しかった。

この本は、「資本主義原論」と「経済原論」の二章からなっている。近代資本主義を理解するためには、キリスト教を理解しなければならない、というのが印象的であった。

経済原論は、飛ばし読み。

 

最も印象的だったのが、キリスト教の「予定説」に関する部分。

キリスト教の神髄は予定説である。予定説(predestination)は、資本主義の精神の中枢をなし、資本主義理解の急所である。(p118)

 ここから30数ページに渡って「予定説」の説明が続く。

人間のために神があるのではなく、神のために人間が存在する。(M・ヴェーバー『プロティスタンティズムの倫理と資本主義の精神』大塚久雄岩波書店 p152)(p118)

予定説の前提は、神はすべての被造物に主権を有する(同上 p146)(p119)

キリスト教における救済(salvation)とは永遠の生命を与えられることである。(p120)

神は全く自由に、恣意に恩恵を与える。または与えない。そのように勝手気儘に意思決定(決断)する。(p123)

神は、ある人々(選ばれた少数者)だけを救い(永遠の生命を与え)、他の人々(選ばれざる多数者)は救わない(永遠の死滅を約束する)。これを「神の二重の決断」と言う。(p130) 

キリスト教の論理は予定説であるから、因果律ではない。因果律の反対の目的論(teleology)である。目的論では、設定された目的へ向けて結果が収束してゆく(例:神の意志〔目的〕は、どんな紆余曲折があっても実現される〔結果〕)と考えるのであるから、この点において「原因から結果が生ずる」と考える因果律とは、正に論理の向き(ヴェクトルの方向)が正反対である。仏教の論理は因果律キリスト教の論理は予定説。論理のヴェクトルの向きが正反対なのである。(p134〜135)

 

キリスト教が本格的宗教活動を始めたのは、近代に入ってからである。その契機となったのが・・・プロテスタントティズムの勃興と彼らの手による聖書の近代語訳である。・・・近代初頭、資本主義が胎動を始めた頃、ヨーロッパ世俗界においてキリスト教の本格的宗教活動が定着したことこそ刮目(注目)するべきである。(p155)

 

 キリスト教、なかでもプロテスタントティズムは、近代資本主義に次のような影響を及ぼしたと言う。 

 その結果の一つが、「タテの絶対所有権」が「ヨコの絶対所有権」 (人間たる所有者の所有権もまた絶対である)をも生んだことである。ここから資本主義が発生し発展してゆくことになる。

もう一つの結果は、主権概念の発生である。主権者は、宇宙における神の如く、領域では何事もなし得るようになった。主権から近代デモクラシー国家が生まれた。(p156)

(絶対所有権と主権、この結論部分は、正直よく分からない。)

 

参考:「キリスト教」「プロテスタント

 

 近代資本主義というのは、キリスト教を主な基礎にして作られたルールに則っているらしい。そのルールに則ってゲームをする場合、まずキリスト教を理解しなければならないのだろう。理解できなければ、本来の近代資本主義も近代デモクラシーも成立しない、ということになるのか。例えば、「日本経済」。小室直樹氏によれば、

 日本経済は、資本主義みたいであるとされているが、実は、資本主義ではない。・・・では、日本経済の正体は何か。封建制と資本主義と社会主義との混合経済である。(p238〜239)

 

しかし、日本の場合、多くの人々は仏教因果律に支配されているのに、キリスト教の予定説は理解できるだろうか。小室直樹氏も、「日本人には予定説が理解できない、絶望的に困難」(趣旨)と述べている。(p124) そうすると、キリスト教に基づく欧米型の「近代資本主義」が、日本に根付くことは難しいことになる。

 

しかし、このまま欧米型の「近代資本主義」の時代が続くのだろうか? いや、過去の歴史を見ると、中国やインドが世界をリードしていた時代があった。イスラム世界も見逃せない。東南アジア、アフリカ諸国の可能性も注目だ。

 先日、NHK「欲望の資本主義」を見た。今、近代資本主義は、先行き不透明になっているようだ。近代の歴史を踏まえた上で、宗教も含めて根本からの再検討が必要な時期に来ているのかもしれない。

 

参考: 「異色すぎるNHK経済番組」は、こう生まれた | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 



f:id:gsg48566:20170523170039j:image

 

 

 

欲望の資本主義

欲望の資本主義

 

 

 

善と悪の経済学

善と悪の経済学