ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『敗北を抱きしめて(下)』

『敗北を抱きしめて〜第二次大戦後の日本人』の翻訳本は、上下2冊だが、上巻の方は、敗戦直後の日本の庶民の記述が大部分なので、下巻を中心に書いてみた。(なお、増補版も出ているようだ。)

 

下巻最初の章のタイトルは、「くさびを打ち込む」。

戦争の後半には、OSSなどの諜報機関と同様、マッカーサー司令部も、天皇が日本の降伏だけでなく戦後の変革の鍵も握っていると考えていた。フェラーズと部下たちの表現によれば、「軍国主義者のギャングたち」は日本人をだましただけでなく、聖なる君主も裏切ったのだと日本人を説得し、それによって軍部と天皇(およびその臣民)とのあいだに「くさびを打ち込む drive a wedge」ことが重要なのであった。日本帝国は天皇の名において、天皇の権威の下に、ほとんど20年にわたる天皇の積極的協力をえて諸政策を推し進めてきた。ところが要するに西側の宣伝担当者達は、そうした日本帝国のさまざまな国策から天皇を切り離し、今や天皇の新しいイメージを創り出す作業に加担しようとしていたのである。(p9〜10)(太字は管理者による)

この「くさびを打ち込む」作戦は、見事に成功したと言える。全く見事としか言いようがない。

 

昭和天皇が、「退位」するチャンスは、三回あったとされる。

1945年10月下旬、近衛公爵が天皇退位の可能性を公然と口にし、そのあと内閣の圧力によって訂正したために動揺が起きた。近衛は、日米開戦を回避できなかったこと、また戦争の早期終結を実現できなかったことについて、天皇は個人的に重大な責任を負っていると考えており、それをいつになく率直に語ったのであった。・・・(中略)・・・その数日後、東久邇は甥に退位の三つの「適切な時期」について考えるよう個人的に促したと、直接日本のメディアに語った。第一の時期は、すでになんらの行動もとられることなく過ぎてしまっていたが、それは「降伏文書に署名した時」である。しかし、あとの二つの「適切な時期」は、これからやって来るものであった。東久邇の考えでは、憲法が修正された時か、講和条約が締結された時に、裕仁は退位を考えるべきだった。メディアは、皇太子が成人するまで、天皇の弟である高松宮摂政になると推測していた。(p71)(太字は管理者による)

 タラレバであるが、昭和天皇がこの三つの「適切な時期」のいずれかに「退位」していたら、その後の日本とアジア諸国との関係はどのようになっていたのだろう?

 

この本の著者「ジョン・ダワー」を知ったのは、『転換期の日本へ〜「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か』(ジョン・ダワー、ガバン・マコーマック共著 NHK出版 2014年)を読んだからである。日本は以前として、アメリカの属国として生きている事実を知らされた。あまり認めたくないことだが、日本の上層部は、アメリカの方を向いてばかりいるようだ。

 

無謀にも、何か他の道はないのだろうか?と思い、まずジョン・ダワー氏の著作を手にとって読んでみた。

 

 Facebook 「ZEKKEI  Japan」さんの写真より。↓

「雨の日は、苔も大喜び!?  苔から顔を出しているお地蔵さまにも癒されますね。」
f:id:gsg48566:20170622102316j:image

 

 

 

敗北を抱きしめて〈上〉―第二次大戦後の日本人

敗北を抱きしめて〈上〉―第二次大戦後の日本人

 
敗北を抱きしめて〈下〉― 第二次大戦後の日本人

敗北を抱きしめて〈下〉― 第二次大戦後の日本人

 

 

 

転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か (NHK出版新書)

転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か (NHK出版新書)