ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

パインアメ

先日、スーパーで、「パインアメ」を買った。懐かしいな、と思いつつ食べた。

 

パイン パインアメ 120g

パイン パインアメ 120g

 

 

フト思い付いて、ネットで「パインアメ」を検索してみた。

 

パインアメ」は、誕生してから、60有余年と会社のHPに書いてあった。

パインアメの秘密 - パイン株式会社

最初(昭和26年)は、穴がなかったそうです。後になって(昭和28年)、現在の穴あけの形が出来上がったそうです。

 

上記会社のHPには↓

パインアメを開発していた当時の日本は、戦後の傷跡が残っており、生のパイナップルはもちろん缶詰でさえも高級食品でした。そんな時"このパイン缶の美味しさをみんなが手軽に味わうことができたらどんなにすばらしいだろう"との思いからパインアメが誕生したのです。

戦前は、台湾でパイナップルが生産されていたようで、日本本土にも缶詰として運び込まれていたと想像される。

【参考】

パイナップルが紡いだ沖台関係 | 毎日新聞出版

 

パインアメの歌「キイロイアメノウタ」もある。


Nj feat. メロディー・チューバック「キイロイアメノウタ」

 

 普段、何気なく手にしている商品にも、意外な面が隠れているので驚いた。