ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『戦争にチャンスを与えよ』

以前から読みたいと思っていた。図書館でようやく借りることができた。

著者は、エドワード・ルトワック。本書著者の紹介記事には、「戦略家、歴史家、経済学者、国防アドバイザー・・・」などと書かれている。一筋縄ではいかない雰囲気がある。

 

この本は、第一、二章で論文「戦争にチャンス与えよ」について書かれており、その後は、この本の訳者が聞き手となって、日本を取り巻く外交・軍事的課題についてその解決策を聞き出している。

 

本のタイトルからイメージしていたものとは、少し違うなあ。

 

最も興味深かったのは、「北朝鮮論」です。

私は戦略家であり、政治家ではない。ましてや教師や牧師でもない。倫理道徳の価値観の教育は専門外だ。したがって、私が日本政府に対して言えるのは、「何もしないのが最悪の選択肢で、以下の選択肢のうちの一つを実行せよ」ということぐらいである。(p111)

 

第一の方策は、「北朝鮮に降服する」というものだ。

北朝鮮政府が真に何を望んでいるのかを聞き出し、経済制裁をすべて解除する。・・・

(中略)

次の方策は、「北朝鮮を攻撃する」というものだ。しかもこれは、先制攻撃でなければならない。・・・

(中略)

さらには「抑止」も一つの選択肢となろう。「抑止」としては、日本が1000キロの射程の弾道ミサイルを持ち・・・

(中略)

最後の選択肢としては、「防衛」がある。これは、ミサイル防衛によるものだが、どのシステムも完璧ではない。・・・ (p112~118)

「降服」(もしくは「宥和」)というのは意外でしたが、人的損害が無いという点では極めて現実的かもしれない。

 

この章で著者が最も警告していたことがある。それは、「何もしないこと」、「まあ大丈夫だろう」という態度だ。

人々は、平時には、脅威を深刻なものとして考えられないものだ。平時に平和に暮らしていれば、誰かの脅威に晒されていても、空は青いし、何かが起こっているようには思えない。友人との飲み会に遅れないことの方が重要で、脅威に対して何の備えもしない。

つまり、脅威に対して降服するわけでも、「先制攻撃を仕掛ける」と相手を脅すわけでもない。そのように何もしないことで、戦争は始まってしまうのである。

平時には、脅威が眼前にあっても、われわれは、「まあ大丈夫だろう」と考えてしまう。脅威が存在するのに、降服しようとは思わず、相手と真剣に交渉して敵が何を欲しているのかを知ろうともせず、攻撃を防ぐための方策を練ろうとも思わない。だからこそ、平和から戦争が生まれてしまうのである。(中略)

平和は戦争につながる。なぜなら平和は、脅威に対して不注意で緩んだ態度を人々にもたらし、脅威が増大しても、それを無視する方向に関心を向けさせるからだ。日本にとって、その典型が北朝鮮問題だ。(p109~110)(太字は管理者が。)

 

 これは、耳が痛い。

 

逆説的な表現が好みのようだ。「平和は戦争につながる」・・・そういうことは考えたこともなかった。

 

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)

 

 

 

 ↓Facebook 「花の写真館」より。

 
f:id:gsg48566:20170724101829j:image