ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

読書メモ『先入観はウソをつく』

武田邦彦さんの『先入観はウソをつく~常識や定説を疑い柔軟な発想を生む方法』(SB新書 2017年)を読み終えた。

先入観というものは、必要なものもあるが、妨げになるものもある、と言う。マスコミや専門家の言うことを鵜呑みにしてはいけない、疑う癖を持ちなさいと忠告している。例えば、「太陽の色は赤」「森林が二酸化炭素を吸収する」「石油はいずれ枯渇する」「地震や火山噴火は予知できる」「国の負債は1000兆円」「増税しないと財政破綻」「文系・理系」「血圧の適正数値」などなど。

 

先入観を最初に植え付けるのは「親」であり、「学校」であり、更に「学者・大学教授・お医者さん・国・マスコミ・・・」とつづく。

では、どうすればよいのか?

その答えは第1章でお話しした「受け入れ箱」と「比較箱」を脳内に用意しておくことが大切です。どんなに偉い人の話であっても、「その話は本当なのだろうか?」とまずは疑ってみる。その後、自分で調べたり、あるいは第三者の意見を聞いたりしてみて、その話が真実かどうか確かめるべきです。(中略)

 

たとえば、「森林がCO2を吸収する」については、「成長した青年期の木以外は光合成を行わない」、「石油がやがて枯渇する」は、「石油会社は本当のことを言わない。石油系エネルギーは1万年分ある」、「地震や火山の予知ができる」は、「これまでに予知できた地震は一つもない。予知できれば多くの人が亡くなることはなかった」、「血圧の適正数値」については、「血管は年をとるごとに固くなっていくもの。だから、年齢+90㎜Hgでよい」と考えておけばよいのです。

 

「肩書きに惑わされて、事の本質を見落とすな❗」このことを肝に銘じておけば、間違った先入観を植え付けられることは減っていくのではないかと、私は期待しています。(p115~117)

なるほどですねえ。 

ここで言う「受け入れ箱」「比較箱」については、夫婦のあり方に関連して述べた部分も参考になる。

結婚生活は相手の考えを自分に取り込む最大のチャンスなのです。それができれば、あなたの人生は単純計算で2倍広がります。

このようなときこそ、第1章でお話しした脳の中の「受け入れ箱」を使うべきなのです。とことん相手の話を聞いて、自分と意見が違うとか、同じであるとかは関係ありません。相手が何を主張しているのか、そのことのみを理解しようと努めるのです。

そして、時間が経ったときに、「比較箱」に入れてみる。そこで理解できるようになっているかもしれませんし、万が一、否定的な考えになっていたとしても、それはそれでいいのです。他人の正しさを受け入れたり、あるいは考えたりすることができれば、自分の人生も広がっていくので、プラスになると考えて間違いありません。

日本のカップルや夫婦は、「相手のすべてを理解して、考え方も一緒でなければならない」という先入観を強く持っていますが、こうした考えに固執してしまうと、無理をして相手に合わせなければならないので、自分が緊張して気疲れしてしまいます。これでは健全な人間関係を築くことはできません。(p138)

たしかに。

「相手のすべてを理解して、考え方も一緒でなければならない」という先入観を持っている人が一定数いますね。私の相方もその一人です。その部分で時々ぶつかっていますので、この「受け入れ箱」「比較箱」の話は極めて参考になります。

 

 本書の一部には同意できないところもあります。著者も人間ですから、すべてを鵜呑みにするわけにはいきませんね。一度「受け入れ箱」に入れてじっくり考えてみようかな。

 

 

 ↓ Facebook 「花の写真館」より。
f:id:gsg48566:20170920102208j:image