ガラガラポン日記

複雑になってしまった問題を、一度ゼロにして、考え直してみる。

仏教雑感〜「プラス」と「マイナス」

ある人からもらった手紙の中に「人格の成熟という仏教本来の目指したもの・・・」という一文があった。たしかに人格の成熟というのは、ここまで出来たら完成という固定的なものではないようだ。人間の心は常に変化する、という前提にたっての人々の努力目標、のような設定であろう。それは理解できるのだが、はたしてそれが「仏教」のめざすものなのか、という微かな違和感を感じた。それは、仏教の倫理学的な面を強調したものではないだろうか。それはそれで意味があると思うのだが。

 

あるとき「仏教は、プラスでもなく、マイナスでもなく、限りなく「ゼロ」を目指すものではないだろうか」と思い付いた。単なる思い付きなので、裏付けはない。いやはや。

 

参考記事:ゼロと空哲学  (あくまで参考です。)

 

「プラス」というのは、「人格の成熟」というような、多くの人にとって理想とすべきものをイメージしている。

 

では、「ゼロ」とは何か? よくよく考えてみると、これは極論すれば「死」と考えられる可能性があることに気がついた。いやいや、それはちょっと違うんだけど。「死」とか「生」という物語を越えたところにあるなにものか、例えば「空」などを指している、と言いたいのだが、何とも説明しづらい。

 

では「マイナス」というのは、どうなんだろう、と考えた。考えてみれば、「マイナス」なんてあり得ないなあ、と思い始めていた。そのとき、ちょうど興味深い本の一節を見つけた。

 

その本の著者は、法然の『一枚記請文』を引用して、

法然思想はここへ帰結します。従来の道では歩めぬ者のために法然の教えは開かれました。そのためにこそ、法然は仏教を再構築したのです。すなわち「愚者の仏道」「悪人の仏道」です。人を傷つけずには生きていけない者、ウソをつかねば生きていけない者、自分ひとりでは生きていけない者、この者のためにこそある仏道なのです。
これを法然は、「愚者になりて往生する」と表現しました。これは驚くべき仏道であるといえるでしょう。仏教は智慧を目指す宗教であるのに、愚者に成る仏道なのですから。まさに仏教の極北です。

(p91『死では終わらない物語について書こうと思う』釈徹宗 文藝春秋 2015年)

 参考記事:『死では終わらない物語について書こうと思う』を読んで。

 

なるほどですねえ。こういうような見方もあったのか。愚者というのは、仏教的な知識を有しない一般の人々という意味かもしれない。これはあえて逆説的に示すことで、仏教の奥深さを教えてくれたとも言えそうである。通常は、望んで「愚者」になろうとはしないだろう。これを表現上、「マイナス」と捉えてもいいかもしれない。(しかし、この「愚者」のなかに、残虐な殺人などの行為をおこない、反省しない人を入れるのは個人的には反対だ。)

 

そうするとようやく「プラス」と「マイナス」が揃った。

 

死では終わらない物語について書こうと思う

死では終わらない物語について書こうと思う